前へ
次へ

どのようにして仕入れるのか

商品の仕入れルートには『自分で手作り』できれば、仕入れ先を確保する必要はありませんが、やはり自ずと提供できる商品の数が限られますから、大手ショッピングモールを利用するか、小規模なネット通販がおすすめです。
『個人やメーカー』であれば、製作者の知名度もポイントであったり、大量に商品を製造するメーカーとの仕入れではコストの面でメリットが大きいでしょう。
製作者から直接買い入れられると、一般の小売店や卸業者から調達するよりも安価に商品を仕入れられます。
安価なら、それだけ利益が増加するでしょう。
ちなみに、製作者から仕入れる場合には、製作者の規模に関係なく、面談や書類提出などの手続きを経て、取引の契約を結びます。
個人が製作者と直接取引が行えるかどうかはケースバイケースですし、商品の最低仕入れ単位や金額、支払い条件などが課せられる場合もありますが、気になる製作者がいれば、どんどんアタックしてみましょう。
しかし、製作者によっては、ショップなどと直接取引を行わず、販売代理店を通さないと仕入れることができない場合もありますから、新規開拓するにはいささか難しいかもしれませんが、やってみることでしか開拓はできません。

Page Top